動ける日動けない日。

なんですかねー。

最近動ける日と動けない日の差がすごいんですよ。

朝、よいしょと頑張って起きてもいつまでも眠気が取れない。

とくに月曜日が苦手。

そういえば週末もほとんど寝てたな。。

花粉症のせい??それとも先週末の床シート張りで体使い過ぎたのか?

 

今日は打って変わって調子がいい。

朝から洗濯機をガンガンまわして家中の布物を洗いまくってます。

椅子の脚もきれーいに拭きました。

たぶん鉄の脚だと思うんですけど、錆びみたいな汚れがびっしりついてたのでペーパータオルに重曹と水を混ぜたものを吹きかけて拭いてみました。

いまいち汚れが取れなかったので金属たわしでこすってみたらすんなりきれいに落とせました。

初めて金属たわしの威力を感じました。

フライパンとか、傷つきそうで使ったことなかったんですけど思わぬ使い道を発見して嬉しくなっちゃいました。

 

動ける動けないって、体力の使い方が下手なのかな。

若い時は1日寝れば体力0からでも100まで戻せたのに今や0から40くらい?しか戻らないような。。

2日3日かけないと100までいかない。。

そして100になると嬉しくてまた0まで使い切ってしまうという。。

30くらい残すようにすれば60~70くらいのところで過ごせるのかしら。

年を取るって自分の体力と回復力をうまくバランスとらなきゃいけないのね。




応援よろしくお願いします🌼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【DIY】キッチンの床を自分で半日リメイク。

我が家のキッチン風景。ビフォアです。

去年、大理石柄のマットを敷いたのですが、どうにもウソっぽい。

ままごとのキッチンのよう、というか。

やっぱり木がいいなぁ。

地色はこれです。

写真で見るとこれも悪くないのですが、なんか違うのです。

 

なのでこちらで床シールを購入しました。

板っぽいシールを1枚ずつ貼っていくタイプは初めての試み。

綺麗に貼れるかしら。

3畳分、貼ったところです。

端っこの長さが足りない分は、最後にシートをまとめてカットする作戦です。

貼る作業は、意外に素人にもできる。

少しずれてしまっても剥がしてやり直せば大丈夫でした。

貼る作業より、家具家電を動かす方がしんどかったです。

相方がいるときに手伝ってもらえばいいんですが、サプライズで発表したかったので一人で重労働しました。

帰ってきたら床が変わってる!って面白いかなぁって思って(笑)

せっせとモノを動かし、黙々と作業して気づけば夕方。買い物と散歩行かなきゃーと焦りながら仕上げました。

完成~

やっとできました。

ダークブラウンチェリーという色の床シールを使いました。

色は家電収納棚とドアの色に合わせました。ちょっとでも部屋が広く見えるかなって。まとまり感も出ますしね😉

深いブラウンで家具が高見えする気がします。

なにより落ち着く。。

床が白かったときは変に部屋が明るくて、それが嫌だったんだと気づきました。

ドアを開けた時、ふといつもより暗いなと感じるのですがそれくらいがちょうど良いです。

帰ってきた相方の反応は、第一声が「うぉっ…」でした🤓

 




【雑貨】キッチンに増殖中の動物たち。

昨日テーブルクロスを買いに行ったときに出会ったクマ君です。

たわしみたいでかわいい。

ブレッドケースの上にちょこんと乗せてみた

お気に入りのスペースに動物シリーズがちょこちょこ増えていっています。

いつの間に動物好きになったんだろう。

子供のころは犬がこわくて、猫もこわくて、学校のにわとりもウサギも好きじゃなかったのに。

アンナ(犬)をペットショップから引き取ったのもほとんど不思議な力が働いたとしか思えない。

アンナのおかげで今や大体の動物がかわいく思える。

不思議だなあ。

あんちゃん、今日もかわいいねえ。

 




バレンタインのお菓子とテーブルウェアを買ってきた

そろそろ春が近づいてくる頃だし、テーブルの上も模様替えしたいなということで!

zarahomeで爽やかなミントグリーンに黄色のラインの入ったテーブルクロスと、

丸いプレースマットを麻色とラメ入りブルーの2色買ってきました。

今までは赤系のクロスを使っていました。

反対色のミントグリーンで一気に春らしいキッチンテーブルになりました💐

猫ズの反応も上々♪

気に入ってくれたみたいです。

 

今日はバレンタインデですね!

この時期はどこに行ってもチョコ菓子があふれていて、チョコ好きな私にはたまらん時期❤

相方はチョコよりカスタード派なのでいまいち盛り上がらないみたい。

なので今日はカスタードがたっぷり入ったパンと、メロンカスタードパンとやらと、

チーズスフレ食べ比べセットを相方のために買い集めてみました。

どんな反応するか楽しみです😘

 




本を爆買い。

最近本をやたら買ってます。

これからどう生きようかと、人生の節目に立っている時ほど本にすがってしまいます。

集めた中に新しく好きになった作家さんがいます。

佐野洋子さん。

飾らない、ほんとに飾らない。

絶対にインスタ映えなど気にしない人。

それで好奇心が半端なく強い。

噂のピンクハウス双子バアサン(レース、フリルの傘にフリフリなエプロンドレス)を見かければ蕎麦屋までついていって、しかも相席に座り、喜々と観察する。

料理番組でオレンジジュースとサンマを一緒に炊き込むご飯を見て気持ち悪いと言いつつ、どれだけ気持ち悪いか食べてやると自分で作りだす。

その豪快さや飾らないそのまんまな佐野さんのエッセイを読んでいると自分の見栄っ張りさがなんとも恥ずかしくなってきます。

かっこつけてるつもりの自分が何とも器の小さい人間に感じて、おしゃれぶって買ったテーブルクロスやお皿やカーテンをひっぺ替えしたくなります。

しませんが。

でも佐野さんくらい正直に、気の向くまま、好奇心に動かされるまま、暮らしてみたらどんだけ楽かと思いました。

まだまだ見栄の断捨離は道半ばです。




不倫だの中絶だの宗教団体だの・・・


『八日目の蝉』角田光代

先ほど読了しました。

東京、名古屋、小豆島。希和子が誘拐した子を連れて逃亡していきます。

不倫相手の子供を誘拐するなんて、理解しがたい…

心が弱っていると人間、こんな選択をしてしまうのでしょうか。

主人公に全く感情移入できないのに最後まで一気に読んでしまいました。

 

暗いテーマを扱っているにもかかわらず、全体を通して重い感じはなく、女だけのホームでの生活や小豆島での島の人たちとの交流など、心温まる雰囲気すらあります。

それは主人公の誘拐犯だけでなく、誘拐された子供の薫がいたから。

後半は大学生になった薫こと恵理奈にスポットが当たります。

恵理奈もまたあまり幸せそうな人生を送っていないのですが、最後は複雑ながらも一応ハッピーエンドなのかな。

主要な登場人物、みんな、同情もできないし、なんでそんなに男に執着するのか、腹が立ってくるほどですが、そうゆうのも人間たる故かなんて、何様だ的な目線で読みました。

読後に嫌悪感がないのが不思議な作品です。

とりあえず、小豆島の中でよく出てきた素麺が食べたい。

近所のイオンで買ってこよ。





実家に帰ったなら。まず。

地元にいる姉に会いたいなぁって。なんとなく思い立ったので行ってきました。

地元までは高速飛ばしたら2時間かからないくらいなのでふらっとその日に行けちゃうんです。

姉家族の家と、母のいる実家と、祖母の家は同じ市内です。

いや、同じ町内です。

そんな近くに3家族住んでるのって、田舎あるあるなのかな。

クリスマスカードとか、年賀状とか、なにか送るとき「めんどくさ」って思っちゃう。

なんで同じ町内に3通送らなきゃならんのだ(笑)

そんなわけで、姉に会いに行くということはもれなく母と祖母も巻き込む形になるわけで、ふらっと行くだけの気持ちだったのに案外大事になってしまいました。

せっかく実家にも寄ったので私の本棚も覗いていくことに。

引っ越すたびに本を運ぶのが大変なので捨てられない本は実家に置いてあります。

今回、もう一度読んでみたいと思った本を数冊持ち帰ってきました。

恩田陸の『ライオンハート』は大好きな本。

読み返しすぎて表紙がボロボロですね。

最後に読んでからずいぶん経ったので再読してどういう風に感じるか。

またこれも楽しみです。




プロポーズ失敗して落ち込んでましたよ(´_ゝ`)

今週、ブログをサボってた訳。

それは相方に「家族になりたいんだ~」と訴え、

「家族とかピンとこない」「そもそも家族というものにいいイメージがない」と言われてしまい、

大変落ち込んでいたから。

 

別れるっていう話ではないんです。

一緒には暮らしたい、これから気持ちがどう変わっていくかを見てみたいとのこと。

それが彼の望みで、私にはそうするかしないかの選択権がある。

彼の変化に期待して待つのは嫌だなと思う。

人に期待していいことはないから。

でも希望は持ちたい。

期待と希望の違いは何なのか。

見返りを欲するか欲しないか、なのかな。

期待して、期待通りにならなかった時の落胆や、裏切られた感ってほとんど傲慢。

希望ってもっとふわっとしたもので、そうなったらいいなぁくらいのもののような気がする。

希望どうりにならなくても、まぁあくまで私の希望だし、しょうがないよねで済むような。

だとすれば、今回の件、希望をもって彼とこのまま暮らしていくことにします。

 




【DIY】窓枠のタイル貼り終了

昨晩一気に貼りました。

今回は接着に両面テープを使いました。

すぐに剥がせるし、貼るのも楽なので。

30分もかからず作業完了。

両面テープを4本、枠に沿って貼って、剥がしながらタイルを置いていきました。

タイルの色並びはあえてランダムに。

手に取った順に置いていきました。なかなか面白い柄になりました☺

タイルを貼ると昭和レトロな雰囲気がしますね。

今朝の窓。

 




日課について考えた

最近のお気に入りの本です。

小説家、画家、詩人、、いろんな人たちの日課をひたすら列挙しただけの本。

が、面白いんです。

ひとりひとりは1,2ページで書かれているのでちょっとした時間に読むのにちょうどいい。

私は全員のを読み終わったけど、寝る前に適当なページを開いて一人か二人分読んでます。

それが日課(笑)

とびぬけて変な日課の人はいなくて、散歩好きな人が多い。

午前中に仕事をして、お昼ご飯を食べてから散歩する人や、夕方に散歩する人。

私の父も散歩が好きな人でした。

小さい頃は姉と私も父に連いてよく河原沿いを散歩しました。

楽しいとは思ってなかったけど暇つぶしとか、一人で置いて行かれるのが嫌だからとかそんな理由で行ってましたね。

大人になってから散歩したいなぁって気持ちに初めてなって、一人でぷらぷら歩くのは気恥ずかしかったから(その頃地元の田舎に住んでいたのですれ違う人みんな顔見知りという環境)犬を飼いました。

犬を飼うのは初めてのくせに、小型犬なのに運動量は大型犬並みに必要というジャックラッセルテリアを飼って、朝晩散歩に行くのが必須になりました。

それから4年、毎日朝晩2回、散歩してます。

散歩していいなと思うのは、その時の季節を満喫できること。

毎日同じということはなくてだんだん季節がうつろいで行くのを肌で感じれます。

桜も紅葉も今日が一番だという日に向けてあともうちょっとだなぁと毎日観察し、その日が来たら存分に満喫します。

そのあとは散る様を見届けて、次の季節が来るまでまた観察の日々。

そんな、ただただ自然を見るだけの時間が贅沢だなって思います。

地元の船着き場で。ジャックラッセルテリアのアンナ。