日課について考えた

Pocket

最近のお気に入りの本です。

小説家、画家、詩人、、いろんな人たちの日課をひたすら列挙しただけの本。

が、面白いんです。

ひとりひとりは1,2ページで書かれているのでちょっとした時間に読むのにちょうどいい。

私は全員のを読み終わったけど、寝る前に適当なページを開いて一人か二人分読んでます。

それが日課(笑)

とびぬけて変な日課の人はいなくて、散歩好きな人が多い。

午前中に仕事をして、お昼ご飯を食べてから散歩する人や、夕方に散歩する人。

私の父も散歩が好きな人でした。

小さい頃は姉と私も父に連いてよく河原沿いを散歩しました。

楽しいとは思ってなかったけど暇つぶしとか、一人で置いて行かれるのが嫌だからとかそんな理由で行ってましたね。

大人になってから散歩したいなぁって気持ちに初めてなって、一人でぷらぷら歩くのは気恥ずかしかったから(その頃地元の田舎に住んでいたのですれ違う人みんな顔見知りという環境)犬を飼いました。

犬を飼うのは初めてのくせに、小型犬なのに運動量は大型犬並みに必要というジャックラッセルテリアを飼って、朝晩散歩に行くのが必須になりました。

それから4年、毎日朝晩2回、散歩してます。

散歩していいなと思うのは、その時の季節を満喫できること。

毎日同じということはなくてだんだん季節がうつろいで行くのを肌で感じれます。

桜も紅葉も今日が一番だという日に向けてあともうちょっとだなぁと毎日観察し、その日が来たら存分に満喫します。

そのあとは散る様を見届けて、次の季節が来るまでまた観察の日々。

そんな、ただただ自然を見るだけの時間が贅沢だなって思います。

地元の船着き場で。ジャックラッセルテリアのアンナ。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です