実家に帰ったなら。まず。

Pocket

地元にいる姉に会いたいなぁって。なんとなく思い立ったので行ってきました。

地元までは高速飛ばしたら2時間かからないくらいなのでふらっとその日に行けちゃうんです。

姉家族の家と、母のいる実家と、祖母の家は同じ市内です。

いや、同じ町内です。

そんな近くに3家族住んでるのって、田舎あるあるなのかな。

クリスマスカードとか、年賀状とか、なにか送るとき「めんどくさ」って思っちゃう。

なんで同じ町内に3通送らなきゃならんのだ(笑)

そんなわけで、姉に会いに行くということはもれなく母と祖母も巻き込む形になるわけで、ふらっと行くだけの気持ちだったのに案外大事になってしまいました。

せっかく実家にも寄ったので私の本棚も覗いていくことに。

引っ越すたびに本を運ぶのが大変なので捨てられない本は実家に置いてあります。

今回、もう一度読んでみたいと思った本を数冊持ち帰ってきました。

恩田陸の『ライオンハート』は大好きな本。

読み返しすぎて表紙がボロボロですね。

最後に読んでからずいぶん経ったので再読してどういう風に感じるか。

またこれも楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です