ワンピースをプチリメイク~リボン断裁!

dress…amorous insense 

このワンピース、おめかしの日に活躍してくれるお気に入りの一枚です。

ですが、首短いコンプレックスの私にとって首元のリボンは鬼門となります。

いつもゆったり弛ませてひとつ結びにしたり、リボンを中に入れてしまったりしてごまかしていたのですが、もう、切っちゃっていいんじゃないかと思いまして。

今回バッサリ切ることにしました。

すっきりー!やっちゃた!!

1cmほど残して切って、それを中に折り込んで

アイロンで抑えてあとを付けたらまつり縫いして完成!

上からミシンでもよかったんですが糸が見えちゃうし、暇だったのでたまには手縫いで仕上げました。

自然に開襟になって首元すっきりしました。(首が~短い~😭)

 




自分でやる~簡単パンツのサイズ直し

今日は自分で簡単にできる、パンツのウェストサイズ直しの方法をご紹介したいと思います。

こちらのパンツ、通販で買ってみたらウェストが大きかったのです。でもお直し屋さんに出すほどのものじゃないので、自分で詰めちゃいます。

脇の赤い丸のところで一つまみずつ詰めます。

このように詰めたい分だけ内側へ折り入れて赤い点線上を黒い糸で縫います。斜めに自然に消えるように縫うのがポイントです。

縫って、表から見た画像です。上手く脇の縫い線と合流できました。

これを左右両脇、同じだけ詰めて完成です。

私はミシンで縫ってますがミシンがない方は手縫いでも大丈夫ですよ。糸を2重にしてしっかり縫ってください。

ただしこれはあくまで簡単に直す方法なので、つまんだ部分が当たって気になる方や仕上がり重視な方はプロのお直し屋さんに出してくださいね。




ウェストを直したついでに裾の折り返し部分も縫っちゃいました。低身長のためパンツの裾はほぼ毎回折ってます。

足首を出すことで上とのバランスをとり、かつ細見え効果もあります。

このパンツは普通に折り返すと裏地の白が見えてしまってかっこ悪いので、一回表地を中に折り込んで、さらに外へ折り返します。

そうすると黒の部分が表になります。ただこの折り方だと歩いているうちに戻ってしまうので脇を縫い付けてしまいます。右足と左足の両脇、計4か所縫います。

脇の縫い線上(赤い点線)を黒い糸で表から縫いました。

これでもう歩いてるときに裾がぺろーんとなりません。

このひと手間でかっこよく楽に着られます☺